10
illust

PROFILE

仕事をどうせやるなら楽しく・全力投球で!プレス技術室 SE・型設計Gr 2013年入社

『プレスSE』と呼ばれる自動車/板金製品の初期段階の検討業務を担当。

次世代の技術に携わりたくて

Q:なぜ、シークスに入社しましたか?

もともと小さいときから自動車に興味があって、自動車業界で次世代の技術に携わりたいと考えていました。そんな中、シークスは、自動車の様々な製品や業務を担っているので、幅広い知識とスキルが身に付いて行き、『様々な観点からモノを見ることが出来る技術者』になれると感じたからです。

また、選考を通じて出会った社員の方々から、『若手の意見もしっかり尊重して、みんなで会社をつくっていく、風通しの良い社風』であると聞き、自分でも会社づくりに参加できるところも非常に魅力に感じました。

こういう風通しの良い会社なら、自分の考えたアイデアで会社づくりやしくみづくりに多大な貢献が出来る可能性がありますし、それが会社にとって大きな利益や財産を生んだときに、最高にやりがいを感じると思えたので、入社を決めました。

本音を言いやすく、働きやすい会社

Q:職場の雰囲気は?

実際に入社して4年働きましたが、感じたことは、『みんなが本音を言いやすく働きやすい会社』であることです。

上司は若手の意見でもちゃんと聞いてくれますし、その意見が良いものであれば、『やってみろ』とチャレンジさせてくれますので、役員・先輩・後輩関係なく技術者みんなで会社をつくっていくという社風になっています。
また、自分が発信した意見が上に通るのは、モチベーションの向上にもなりますね。それが結果に繋がったときは、大きな達成感を得られます。

様々な業務を経験できるので、技術者としてのスキルも多く身に付きますし、自分の意見もたくさん出てくるようになります。そうすると会社やお客様に提案・貢献出来ることは無限に広がります。これはメーカーには無い、うちの最大の魅力だと思います。また、定期的に上司との労務懇談があり、職場環境や業務に対する困りごとや疑問点を話せる場があるので、安心して働ける環境であると思いますよ。

計画の大切さを実感

Q:今までに失敗したことは?

パネル生産の現物評価と製品図面の初期検討を並行して進めていたときの話です。本来であれば、納期から逆算して、『この日までにここまで完了させる』という計画を立てるところ、当時は目の前の業務をこなすことで頭が一杯になり、後回しにしがちになっていました。そして納期が近づくにつれ、どう頑張っても成り立たない事態を招いてしまったことがありました。

すぐに上司に相談し、他の人に手伝ってもらいながら何とか製品パネルを物に出来る状態まで作りこむことが出来ましたが、結果として周りの人に多大な迷惑をかける形になってしまいました。そのとき、改めて計画の大切さを実感しましたね。
事前にきちん計画を行い、日程が成り立たないことが分かった段階で相談できていれば、もっと余裕をもって仕事を進められたし、周りに迷惑もかからなかったと思います。

それからは、忙しいときこそ計画をしっかり立て、余裕も持って出来るよう調整しています。焦って出したアウトプットより、余裕を持った方が品質も良くなりますしね。

1日のスケジュール

08:00 出社
メールとその日のスケジュールを確認。
09:00 3D図面検討
プレス製品の工程配分の検討やパソコン上でのシュミレーション、そして評価。
13:00 グループミーティング
各部品のメンバーで集まり、進捗や問題点を報告し、対策の方向性を検討。
16:00 打ち合わせ
3D図面での検討結果を資料にまとめ、設計部署へ成立性や対策案を提案。
18:30 退社
席に戻ってからメールを確認。

OFF SHOT

愛知周辺の観光地はほぼ全て
GWやお盆、正月休みは約10日の長期休暇をもらえるので旅行に行くことが多いです。北海道出身ということもあって、本州に行く機会が少なかったので、愛知県周辺の観光地を巡っています。入社してから今までで、岐阜、三重、静岡、長野、石川、大阪、京都と愛知周辺はほとんど観光出来ました。
通常の休日は、趣味であるキャンプや登山、BBQを会社の人たちとよくしています。結婚する前は毎週のように飲み会をしていましたが、話題はいつも仕事ばかりでしたね…。

MESSAGE

名前や待遇で企業を選ばず、『ココで働きたい』と思えるような企業を見つけてください。
自分の勤める企業が心から働きたいと思える企業なら、仕事が楽しく感じますし、自然と『こうしたい、ああしたい』と主体的に行動するようになります。そして、それが自分の価値として返ってきますので、どうせ働くなら、自分が魅力を感じる企業で働きましょう!
そのためには、会社説明会にたくさん足を運び、自分が納得できるまで採用や企業の方の話を聞くことが大切です。しっかりと会社を選び後悔の無い就職活動にして下さい。応援しています!!

努力
pagetop